JP

EN

JP

EN

MEDIA

<プレスリリース>デジタル家づくりプラットフォーム「Nesting β 」を開発

2021.05.10

<プレスリリース>デジタル家づくりプラットフォーム「Nesting β 」を開発

2021.05.10

  • news

建築テック系スタートアップのVUILD株式会社は、共創型戦略デザインファームの株式会社BIOTOPEと協業し、デジタル家づくりプラットフォーム「Nesting(ネスティング)β」を開発しました。
本日、β版のサービスを今夏の正式ローンチに向け公開すると同時に先行ユーザーの公募を開始、1年以内に10棟以上の建設を目指します。

VUILDでは2020年グッドデザイン金賞(経済産業大臣賞)を受賞した「まれびとの家」(※)において、3D木材加工機「ShopBot」と地元の木材を使い、製作を地域完結させることで、これまで避けられなかった長距離輸送や環境負荷、時間、コストを削減する取り組みを試してきました。

Nesting βは、まれびとの家で培った経験を基に生まれた家づくりプラットフォームです。ユーザーが自分たちの理想の暮らしを実現できるよう、デジタルテクノロジーを用い快適で環境負荷の少ない住まいを自分たちで設計し、作り出す体験を提供します。

【家づくりのプロセス】
1.土地の選択

日本の各地域のコミュニティホストが提供する敷地の中から、風景やコミュニティなども参考に好みの土地を選択する。

2.暮らし方を考える
都会の暮らしでは持つことを諦めていた書斎やスタジオ、店舗や工房など、理想の暮らしを妄想し、暮らしをプランニングする。

3.アプリで間取りを設計する
現在開発中の家の設計アプリで必要な間取りを描くと、瞬時に家の形が立ち上がり、概算の見積もりを取得する。予算と要件を確認しながら間取りの調整をできます。

4.住宅性能を決める
気候風土に合わせて住宅の仕様を決める。予算に応じて、設備の種類・断熱材の厚み・建具の性能を決めることで、エコハウスやオフグリッドハウスの建築も可能。
また昨今話題の自律分散型水循環システム「WOTA BOX」(WOTA株式会社)の選択も可能。

5.家を組み立てる
地域の木材を用いて、地域に置いてある3D木材加工機「ShopBot」で家の部品が出力。専門家の指導のもと、プラモデル感覚で家族や仲間と家づくりを楽しみながら組み立てる。

コロナ禍による外出自粛など、これまでの生活様式や考え方が大きく変わり始めた約1年前から、VUILDはBIOTOPEと「創造性の民主化」という共通するビジョンを土台に、未来の住まい方について議論を重ねてきました。
多くの方にとってこれまでの住まいは、自分や家族が出せる予算の範囲内で、立地と間取りを選び、金銭資産の蓄積によって豊かさを手に入れる暮らしが当たり前でした。

これからの住まいは、自分や誰かと共に過ごす空間を持つ余白を持ち、自分たちなりの豊かさを生み出すプロセスを楽しむことが豊かな住まい方を作り出す鍵になると我々は考えます。
皆でオープンキッチンで料理したり、縁側の下でものづくりをするスペースを、自分たちの楽しみ方から構想し、デザインすることで、自分の力で豊かさを稼ぎ出し、それを誰かに分け与えることで仲間と過ごす時間を育んでいくという住まい方が、ポスト資本主義を切り開く私たちが目指したいライフスタイルです。

そのライフスタイルを目指していく一歩目として、Nesting βによる家づくりのプロジェクトとして、北海道弟子屈町にて1棟目となるプロトタイプを9月末に竣工、その後シェアビレッジ株式会社と協業し秋田県五城目町にてコーポラティブヴィレッジ(5棟同時建設)を建築、個人宅から集落までの実践を行います。
また並行して、家の設計アプリを実装し、10月に正式リリースを予定しています。

VUILDとBIOTOPEはこれらのトライアルを経て、ポスト資本主義の理想の住まい方を実現するプラットフォームを構築していきます。

▼デジタル家づくりプラットフォーム「Nesting β」Web-site
https://nesting.me/

▼ポスト資本主義の住まいを作る
佐宗邦威(BIOTOPE代表)と秋吉浩気(VUILD代表)のオムニバス連載
#6提案編:Nesting βとは
https://note.com/sasokunitake/n/n70e556c57b50
過去連載一覧
https://note.com/sasokunitake/n/n269800222b29

※「まれびとの家」について
「まれびとの家」は地域の伝統構法である合掌造りを、VUILDが持つ現代のデジタル技術でアップデートすることを試みた建築物です。2019年10月、富山県南西部にある南砺市利賀村に構築しました。かつての合掌造りのような「地域住人が参加して建てる建築 」の再現を目指し、子供でも持てる小さくて軽い部品による構法を考案すると同時に、敷地周辺の未活用の木材を伐採する所から着手することで、「ほぼゼロ円の土地にほぼゼロ円の材料で」建築することも試みました。その結果、全く新しい建築のあり方を示す意欲作として2020 年度グッドデザイン賞において「グッドデザイン金賞(経済産業大臣賞)」を受賞しました。
https://marebitonoie.studio.site/